TOEIC対策をしてグローバル化の波に乗れ!

学生

学習効率とやる気の違い

TOEIC対策として学ぶ環境づくりの一環として、学ぶためにスクールか通信講座化を選ぶことが、成績アップのポイントです。インターネットで入学した人の感想を参考にしてから、体験レッスンを受ける事が良い選び方の参考となるでしょう。

ENGLISH

新形式でも対策はあります

面接や昇給に「TOEICスコア」が関わってくることが珍しくなくなってきた昨今、「まず何から始めればいいんだろう」と悩んでいる人も少なくないはず。いきなりテストを申し込むのではなく、過去の問題集や模擬試験を受けて実力を知ることも大切です。しっかりとTOEIC対策を行い、確実に高スコアを狙いましょう。

ぬいぐるみ

聞き取りと速読が肝です

TOEIC対策はリスニング力とリーディング力を高めることです。前者はネイティブが読み上げる英文を聞きながら自分でも発声することで向上します。後者は文法と単語力を身につけながらやさしい英文を多読することで高まります。

LEARN ENGLISH

読解対策をする

TOEICは問題数が多いですが試験時間が短いです。そのため、時間を意識して解く必要があります。読解問題が最も時間がかかりますので、TOEIC対策においては音読や多読を繰り返すことで速く英文を読むことが重要になります。

模型

TOEICスコアを上げる

日本でもグローバル化が進んでおり、TOEICを受ける人も少なくありません。高いスコアを目指すには長い間十分なTOEIC対策をすることが重要ですが、直前になってからでも行えるTOEIC対策もあります。TOEICにはひっかけ問題も多いため、その傾向と対策を行うことで短期間でスコアを上げることも出来ます。

アルファベット

スコアを上げるための方法

具体的なスケジュールを組んでくれるスクールや、TOEIC対策に重要な本番さながらの雰囲気を体験する参考書を活用します。新しいシステムを取り入れてからより実用的な英語が必要になっていくので、自分の強みと弱点を客観的に見ながら勉強を進めます。

女性

試験対策は抜かりなく行う

TOEICは英語を母国語としない人向けの英語力判定の試験です。英語力を客観的に判断できるので企業がこの試験を重視する傾向にあります。この試験はしっかりと対策を取って望む必要があります。主にはTOEIC対策本を利用して独学で学ぶ方法、またスクールに通う方法です。

TOEICを学ぶために

勉強

それぞれの学校の教え方

世界のグローバル化が進む中でTOEICの実力は就職などを左右する重要なものになってきました。そのためいろんな年齢層の人がTOEICを学ぶために専門の学校へ受講するようになっています。現在TOEIC対策を行っている学校の数はとても多く、しっかりと学ぶためにはその学校の選択を間違えないようにしなければなりません。また学校によって教え方がバラバラなので今の自分の立場にあった学校を見極める必要があります。肝心なのは総合的な英語力が高いのとTOEIC対策の専門的知識をもっていることは別だということを念頭に置くことです。英語力が高い講師でも、TOEIC対策の専門的な知識を持っているとは限りません。また逆にTOEIC対策の専門的知識は持っていても肝心の英語力が伴っていない講師がいるのもまた事実です。なので学校を選ぶならこの二つをきちんと両立できている講師がいるところを見つけましょう。またTOEIC対策の学校を選ぶ際には実際に結果を出しているところを受講すべきです。例えばTOEICの点数が何点の受講者を出していったかなどや講師のTOEICの実績などを明確にしているところが良い学校であると言えます。さらには学校が教えている講義体系にも注目すべきです。マンツーマンで教えているか、または講義形式で教えているか、少人数クラスで教えているかなどといった学校の受講形態の違いも自分に合った方法でTOEICを学ぶためには重要な要素です。