TOEIC対策をしてグローバル化の波に乗れ!

聞き取りと速読が肝です

ぬいぐるみ

発声練習をしましょう

TOEICは就職試験において非常に有利になる資格であるだけでなく、会社の昇進にも用いられている資格です。TOEICのスコアが700以上でなければ課長以上には昇進できないという会社もありますので、今後のキャリアアップを考える上でTOEIC対策をすることは非常に重要です。具体的なTOEIC対策とはリスニング力とリーディング力の向上です。リスニングはネイティブが話す英語を何度も繰り返し聞いて、自分でも発声練習することで身につくようになります。口と耳は音声器官として連動しているので、切り離して考えることはできません。発声することで耳はだんだん音の区別をするようになります。このときのポイントは会話が行われているシーンを想像しながら、できるだけ話者の立場に立って発声することです。これによって音声認識と意味認識を同時に磨いていくことができます。これでリスニング対策になります。一方、TOEIC対策に欠かせないのがリーディング対策です。リーディングは長文をいかに速く読むかが重要になります。TOEICで使われている英単語はやさしいものが多いので、やさしい英文を多読することで速読力を高めましょう。単語力に自信がない人は3000語程度の単語帳を購入して覚えるようにしましょう。レベル的には高校生が使用するもので十分です。文法は中学校レベルの参考書で勉強すれば十分です。複雑な文法構造の英文は基本的に使われないからです。このように、リスニング力とリーディング力を鍛えればTOEIC対策になります。